たまには聞いてあげたいオトコの武勇伝

男性がどんな話を好むのかと迷ったらこの際、相手に話をさせてしまいましょう。 しかし相手の男性もあなたを気遣うあまりに話をしていないことがあるかもしれません。 一般に女性に嫌われる会話の内容としては愚痴とか誹謗中傷の他にも過去の自慢話(武勇伝)があります。 さすがに愚痴は聞きたくもないでしょうが(たまには母性本能で聞いてあげましょう。)武勇伝は話をしたくて機会を伺っているかもしれません。 そこで会話が途切れたらさりげなく振ってあげるのです。 おそらく彼は水を得た魚のようにマシンガントークを開始するかもしれません。 この場合はじっと聞くことでたまには頷いてあげましょう。 もしかしたらそこからヒントが生まれて話のネタが増えるかもしれません。 自慢話も毎日聞かされたのではウンザリですが優越感を持たせてあげることで満足度も与えます。 何よりも苦痛な沈黙は無くなりますからその場は凌げます。 そしてここで絶対にやってはいけないことは「その話前にも聞いたよね!」の一言です。 同様に「分かっている」もタイミングによっては彼の気分を害します。 聞いてあげる以上はその役に徹することで話の腰を折らずに続けさせましょう。 当然ですが場は盛り上がります。 彼は調子に乗って次の武勇伝を始めるかもしれませんが、あなたにも話のきっかけが生まれるかもしれません。 雑談なんて話の内容は何でも良いでしょう? 私なんて学生時代の成績が悪かったことや失敗談を面白くアレンジすることで場を凌いでいますから~。

 

AD:メールレディファム口コミ